Q&A

質問

肛門がかゆくなり清潔にしようと思い、お尻を石けんで洗ったら痒みがひどくなりました。どうしてですか?

答え院長より

人間の皮膚は弱酸性に保たれており、この条件下では常在菌が住み着いて他の雑菌の侵入や増殖を防いでいます。もともとデリケートな肛門では石けんは弱アルカリ性なので常在菌にダメージを与え、他の有害な雑菌などが侵入し、ただれた皮膚をさらに悪化させます。肛門が痒い時は微温湯で洗い流すだけにしましょう。
どうしても石鹸を使用したい場合は弱酸性と表示してある石鹸を使用すると良いでしょう。また長時間のシャワートイレによる洗浄はお湯で自分の皮脂を落としてしまい地肌が露出するために、ただれがひどくなります。せいぜい10秒以内として、あとはトイレットペーパーで軽く水分をふき取るだけにしましょう。

質問

日帰り手術について、手術の可能な曜日は? 麻酔は? 何時間ぐらいの滞在?

答え院長より

当クリニックではすべての手術が月曜日から金曜日まで日帰りで出来ます。麻酔は局所麻酔か、脊椎麻酔です。
ほとんどが局所麻酔で出来、午前9時ごろ入院していただければ12時半から15時までには退院できます。術後は個室(無料)でお休みいただけます。局所麻酔での手術の場合では自家用車での来院も可能です。痛みに弱い方や少し大きな手術では脊椎麻酔(下半身麻酔)で全く痛みなく手術が可能です。脊椎麻酔は2万例以上経験しており、25ゲージの細いペンカル針という特殊な針を用います。この針は脊椎麻酔後の頭痛が最も発生しにくい針で、当クリニックではガイド針なしで直接挿入可能な技術を持ち合わせております。
また麻酔量も通常使用料の15~20%での手術が可能で、術後早期に麻酔が覚め17時までには退院可能です。

受付時間
9:00~12:00 14:00~17:30
※1
※2

※116:00~17:30
※29:00~12:30

休診日:日曜・祝日

新患でいらっしゃる方は問診票の内容を伺います。問診票を事前にダウンロードしてお持ちください。
お持ち頂くと診療までの時間が短縮できます。 問診票1 問診票2