入院施設・駐車場完備・日帰り治療が可能!また切らずに治すジオン注もできる鈴木こう門科クリニックです。

治療法に関して

  • HOME »
  • 治療法に関して

アルタ療法(ジオン注射)とは

ALTAアルタ療法(ジオン注射)とは、注射液を内痔核(いぼ痔)の中に注入し、内痔核を硬化縮小させる治療法で、ジオン注射液の主成分は硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸です。

当肛門科では平成22年1月からこのアルタ療法(ジオン注)を開始し、現在まで5000例に達しました。現在一般的に行われている痔核根治術(結紮切除)ですと、術後の排便時の痛みや、手術後2週間以内の排便に伴う大出血の危険性は避けられませんでしたが、アルタ療法単独の治療では術後の痛みや出血は全くと言って良いほど見られませんでした。 また内痔核と外痔核がある場合には内痔核部分はアルタ療法、外痔核部分は結紮切除を行っていますが、通常の痔核根治術で避けられない止血を要する手術は今のところ皆無で、術後の痛みもかなり軽微です。 アルタ療法(ジオン注)は以上の様に術後の大出血の危険性や痛みが無いことから短期間の入院(術後2泊)あるいは日帰りも可能で、退院翌日からの就労も可能です。 最近、心筋梗塞、狭心症、心房細動、ペースメーカーや人工弁置換術術後、脳梗塞などでワーファリン、パナルジン、バイアスピリンなど「血液がサラサラになる薬」を服用されている患者様が多くなりました。このような患者様の切除手術の場合、一般的にはこれらの薬を一定期間中止しなければなりませんが、その期間脳や心臓の病気が悪化する可能性があります。当肛門科ではほとんどの場合これらの薬を服用したままでアルタ療法(ジオン注)を行うことができます。 ALTAアルタ療法(ジオン注)の禁忌(投与してはならない患者)は次の通りです。 1.妊婦、妊娠している可能性のある婦人 2.授乳中の婦人 3.透析を受けている患者 4.嵌頓痔核を伴う患者

便秘の治療

便秘薬は市販薬もありこれらのほとんどが刺激性下剤です。一般の医療機関での処方もその傾向が強く、処方された刺激性下剤で腹痛や下痢などで悩まされる方も多く見受けられます。昨年「慢性便秘症診療ガイドライン2017」が作成されておりますが、まだまだこれに沿った治療がなされていないのが現状です。また他の治療目的で処方された内服薬が原因と思われる便秘も多くあります。さらに詳細な問診を行いますと、内視鏡検査の前処置やピロリ菌の除菌後の発生する急激な腸内細菌叢の変化に起因すると思われる便秘もあります。

当クリニックでは便秘に対しては薬物療法を行いますが、既往歴や現在服用中の内服薬を把握した上で適切な内服薬を選択いたします。内服薬は少なくとも数か月服用することになりますので、医療費の負担を考慮しジェネリック医薬品を選ぶようにしております。なお当院のジェネリック医薬品の使用率は94.4%(全国健康保険協会による院外処方の調剤統計H28年10月)です。最近の下剤(新薬)の薬価は従来の20倍以上のものもあり、当クリニックでは従来の下剤で効果がなかった方にのみ新薬の処方をするように心がけております。薬物療法と同時に食事指導、排便指導、生活指導などを行い、次に下剤の減薬に努めます。便秘でお悩みの方はご相談下さい。

便失禁・尿失禁に関して

長期にわたり肛門疾患の治療に専念して参りました。その中で尿漏れ、便漏れで外出が出来ない、尿漏れが怖くて子供の学校行事で縄跳びも出来なかった、などの多くの相談を受けました。便失禁の本邦65歳以上の有症率は男性8.7%、女性6.6%(便失禁診療ガイドライン2017年版)で骨盤底筋群の筋力低下が主な原因として考えられます。
またガイドラインによる便失禁の主な治療法の推奨度では、骨盤底筋群体操やバイオフィードバック療法はC判定(エビデンスのレベルにかかわらず、ガイドライン作成委員の意見が完全には一致しない)とあまり効果は期待できず、仙骨神経刺激療法SNMは推奨度A(高いエビデンスに基づき、ガイドライン作成委員の意見が一致している)と最終手段としては見逃せない治療かもしれません。しかしSNMは2回の手術、植込み後の疼痛、その後の通院(電池交換、刺激装置の調節等)、高額な医療費の問題もあり、特に高齢者では第一選択の治療法とは言えません。

当クリニックでは現在独自の方法にて便失禁、尿失禁の治療を行い、良好な結果を得ております。一般的な生活指導や薬物療法の他、1回のみの外来処置で、所要時間は便失禁で約15分、尿失禁で約20分、処置中処置後の疼痛や出血も皆無で副作用もありません。便失禁、尿失禁の方はぜひ悩まずにご相談ください。

痔で悩む前にお気軽にお電話ください TEL 019-624-0405 岩手県盛岡市名須川町16-14

PAGETOP
Copyright © 鈴木こう門科クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.